糖質制限でないボリュメトリックスダイエットとは?

ボリュメトリックスダイエットについて

私のマンツーマン・ダイエットでも選択肢の一つに入っているボリュメトリックスダイエット。糖質制限には苦手感があるひとにも、抵抗なく取り組んでいただける、オーソドックスなダイエット方法です。私も昨年の4月から7月まで取り組んで、6キロ痩せました。このダイエットの一番のポイントとなるのは、カロリー密度を考慮するということ。

カロリー密度とは?

カロリー密度とはある食べ物の100gあたりのカロリーのこと。

ボリュメトリックスダイエットでは、カロリー密度の低いものを積極的に食べて、量をたくさん食べながら、カロリーを少なく食べようということです。

カロリー密度の低いものの代表格は、生野菜。レタス、きゅうり、トマトなどは、生で食べてボリュームがあり、かつカロリーが少ないため、カロリー密度の低いオススメの食べ物です。生野菜のボリュームは食物繊維と水を主な構成要素とし、炭水化物の中でも糖質含有量が低くなっています。

ボリュメトリックスダイエットでは主食は生野菜と言っていいほど、野菜中心の直生活になります。生野菜に加え、ブロッコリなどの温野菜も加えます。そこに低カロリーのタンパク質、鳥のささ身などをあわせます。お米もお肉もオイルも、一日の制限カロリー内なら摂って構いません。

私が昨年ボリュメトリックスダイエットをしていたときには、一日1200キロカロリーに摂取カロリーを設定し、食べ方としては生野菜と温野菜のサラダにミックスシードをふりかけたものに塩、オリーブオイル、リンゴ酢を少々と、鳥の胸肉をにんにくと生姜醤油に付けたものをフライパンで焼く、というのが、メイン料理で、あとは、卵の白身、生の人参、発芽玄米や黒パン少々を中心に食べていました。

このダイエットで大体一週間に500グラムから1キロコンスタントに痩せる感じ。最初の頃はコツが掴めず、簡単にカロリーオーバーしていました。というのも、1200キロカロリーというと、一食400キロカロリーですからね。納豆ご飯一膳で320キロカロリーもありますから、本当にうっかりしているとあっという間にカロリーオーバーになりました。

ボリュメトリックスダイエット成功の秘訣

ボリュメトリックスダイエット成功の秘訣は、ずばり野菜でどれだけお腹を満たせるかと、食べたもの全て記帳できるか。にかかっていると言えましょう。

食べたもの全て記帳しますので、その手間は割りとかかります。うっかりワイン一杯、チョコレートひとかけ、クッキー一枚、みかん一個、でも、必ず記帳し、しっかりと何をどれだけ食べたかを把握していきます。

ボリュメトリックスダイエットはきっちりやれば必ず痩せます。そしてさしたる空腹感もありません。糖質制限ではないので、フルーツも食べられるし、お菓子や白米もOk(一日のカロリー制限内であればです)。

ボリュメトリックスダイエットの長所と短所

ボリュメトリックスダイエットの短所を言えば、低カロリーダイエットなので、長く続けると代謝が低下しやすいということ。生野菜中心なので、体が冷えやすいということ。なので、夏向きのダイエットといえるのではないでしょうか。4月から8月くらいにかけてやるのが、ベストですね。あとは、ケトジェニックダイエットのような、ボディメイク効果や若返り効果はさしてありません。しかし、カロリー制限ダイエットは、やれば必ず痩せる、オーソドックスなダイエットですので、ケトジェニックのような理論的に厳密だが実践して効果を上げるのは割と難しいダイエットの対極にあるといえるかもしれませんね。

 

1年のダイエット期間配分は?

私のおすすめ的には、4月から7月にかけてボリュメトリックスダイエットで、コンスタントに痩せ、9月から11月はケトジェニックでボディメイクし、その他の期間はデュカンダイエットでバランスよくマイルドに痩せる、というのがいいかと思います。

その他、8月のバカンス期間は外食が増えるのでダイエットは中止、年末年始の12月と1月も、外食が増えるのでダイエットは中止しています。もちろん、食べ過ぎには常に注意します。

 

月から7月(4ヶ月間) ボリュメトリックスダイエット

8月 お休み(1ヶ月) 

9月から11月 (3ヶ月)ケトジェニックダイエット 

12月中旬から1月中旬 (1ヶ月)お休み 

1月中旬から4月(4ヶ月) デュカンダイエット 

 

もちろん、デュカンダイエットだけでもすべてOKです。アタック期からクルーズ期、リバウンド防止期から維持期まですべて含まれているので、ダイエットと言えばこれ一本にしぼってももちろんOK。

反対に、デュカンとは違って、ボリュメトリックスだけ、ケトジェニックだけ、というのは、避けたい感じがします。というのもボリュメトリックスは一度痩せてもリバウンドの危険性はありますし、ケトジェニックだけだと、あまりにも糖質が制限されすぎるからです。

ダイエット中のチートデイ

ダイエット中のチートデイは、必要になった時に適宜いれるのがいいかと。私は10日に1度ほど、チートを入れています。チートは1週間に1食を超えず、一ヶ月に2回が理想かと思いますが、ちょっときつくなってきたら無理せずにチートを入れましょう。

きつくなってくるとは、停滞期や虚弱感、長引くダイエットに何らかの体調不良が現れてきた場合ですね。

あー、なんかもうダイエット辞めたい!と思ったら、我慢せずがっつり一食だけチートを入れてみましょう。また明日から普通に取り組めますよ!