デュカン・ダイエットにおける豚肉の取扱

豚肉は特別?

デュカンダイエットでは、第一段階の導入期と、第二段階の減量期には、ロースハムを除く全ての豚肉が全て禁止されています。

ソーセージ、ベーコン…ケトジェニックダイエットでは大手を振って食べることができた食材が不可、というのはちょっとびっくりするかもしれません。

ヒレ肉も、ようやくリバウンド防止期の、第三段階になって認められますが、第一段階と第二段階では禁止食材になっています。

デュカンダイエットのコーチは一概に豚肉は第一段階と第二段階では不可、と口をそろえていますが、一般の体験者の話を聞いてみると、低脂肪の豚肉なら、食べてるが、ダイエットには支障なく痩せてる、という証言も見られます。

豚肉がダメな理由とは?

豚肉がだめな理由についていろいろ調べてみると、様々な見解が見て取れます。

豚肉は、他の肉に比べてどうしても脂肪分が高いという説。

たしかに豚肉は脂肪分が多い食材が沢山出回ってますね。サラミやベーコン、などなど。

しかし、栄養価に限って言えば、豚のヒレ肉は、仔牛のヒレ肉より脂肪分が少ないです。100gあたりの脂肪量は牛ヒレ肉で5グラム。豚肉のヒレ3.5g となっています。

豚肉は、他の肉に比べてタンパク質量が少ない説

豚のヒレ肉は100gあたりタンパク質量が20,7g 牛のヒレ肉は20,5gとなっています。

すなわち、豚のヒレが牛のヒレより脂が多いとも、タンパク質量が少ないとも言えません。

更に他の理由を探してみました。

他の理由、すなわちデュカンダイエット以外からの出典として、豚肉を食べることに反対している人達があげる理由です。

豚のDNAは人間と似ている部分が多いので、消化吸収がうまくいかない。

それが理由に、豚の臓器を人間に移植することなども臓器移植界では行われていますよね。

通信講座の基本教材には豚肉が不可な理由が列挙されていますが、なにはともあれ、ロースハム以外は豚は全てダメ、覚えておいて良いでしょう。

餃子や豚キムチ炒めは、確かに低カロリーとは言えないメニュー。豚肉はロースハムを使ったハムエッグ以外はおあずけとして、デュカンダイエット終了後まで待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です