ダイエットの敵は何か?

 
空腹感の起こらない糖質制限ダイエットですが、それでも食べ物の誘惑が全くなくなったわけではありません。
いつ何時、うっかり誘惑に負けてしまうこともあるかわかりません
 
今日は、そんな心の仕組みについて取り上げたいと思います。
 
 

空腹感がおこらないのに、誘惑に負ける理由

 
 
お腹が空いたら食べる。
これは人間として動物として当然の本能です。
 
食べないと最終的には餓死してしまうので、食べ物に対する本能にはものすごいものがあり、間違ったダイエットを行って飢餓に襲われ、食欲の衝動に襲われると、抑えきれない欲望に飲み込まれます。
 
デュカンダイエットではタンパク質を十分に摂取している限り、空腹感や飢餓感は起こりません。
 
それなのに、誘惑に負ける理由は、体の欲望ではなく、心の欲望があるためです。
 
 

心が食べ物を欲している

 
友達と出かけたり、飲み会や会食、楽しい旅行など、食べ物を通じて得られる歓びには色々あります。
 
美味しいケーキバイキング
居酒屋でのおつまみを食べながらの飲み会
イタリアンレストランに行ったらやっぱりワインは飲みたい…
 
ダイエットの敵は、食べ物と、付き合い。
 
と思いがちですが、実際の敵は自分の心の欲望です。
 
ケーキバイキングに行くと決めたのは、あなた。
居酒屋に飲みに行くことにしたのは、あなた。
イタリアンでワインを注文したのは、あなたです。
 
 
あなたの心がこの決断を下したのです。
 
なので、食べ物や他人はダイエットの敵ではない。
 
本当の敵は、あなたの心です。
 
 

なぜあなたの心がダイエットの成功を妨げるのか

 
 
ダイエットする、と決めたあなたの心。
それなのに、それに反対する行動をとると決めたのもあなたの心です。
 
 
なぜそのようなことが起こるのでしょうか。
 
それは、心が満たされていないからです。
いままで食べてた食べ物で心が満たされていたのに、それがなくなったためです。
 
体が飢餓に陥って、その食欲で誘惑で負けるわけではありません。
 
ここで考えるべきことは、ダイエットを犠牲にしないで心を満たす方法はありませんか?
 
お友達とのおしゃべりも、ケーキバイキングではなくて、喫茶店でコカ・コーラゼロや砂糖なし紅茶やコーヒーを飲んでの代用は無理ですか?
 
居酒屋での飲み会では、海藻サラダとお刺身、焼酎の水割りでは無理ですか?ごはんやラーメンは諦めましょう。そして翌日は走りましょう。
 
イタリアンでパスタをがっつり食べてワインを楽しむのは、週一自由の日曜日まで待てませんか?
 
お腹いっぱい食べたい!と思えば、ササミをお腹いっぱい食べて、麦茶をがぶ飲みましょう。
旅行で調理できないなら、プロテインパウダーとゆで卵を持参しましょう。
 
それでも飢えてるなら、それは心の飢えです。
 
ダイエットを台無しにせずに、心を満たす方法を考えるのが、ダイエットの成功のためにオススメです。
 
 

太っている自分が快適

 
 
自分の脂肪を見てゲンナリする。
素敵になりたくてダイエットを始めたのだから、太っている自分が快適なんてこと思ってない。と思うのですが、現状維持の本能が備わっているのも人間です。
 
 
慣れ親しんだお腹の脂肪に愛着を何処かで感じていて、それが無くなるのがなんとなく寂しい気がする。
 
ゆるい自分が好き。
 
リラックスして楽しみたい。
 
こんな声が聞こえてきて、誘惑に負けてしまいます。
壁が中々超えられなくなります。
 
そんなときは、なぜ痩せたいのか、動機をはっきり再確認しましょう。
 
別に痩せなくても死にはしません。
 
それでも痩せたいと思ったのはなぜだったのか?
それは頑張って獲得する甲斐があるものなのか?
 
慣れ親しんだ脂肪がなくなっても病気になりません。
お腹や太ももの脂肪は、なくなっても健康に全く悪影響はありません。
 
かえって、更に健康になり、スタイルも良くなります。
 
 
なぜ怯む必要があるのでしょうか?
単に心の誘惑に負けてるだけでは?
 
怯まず前進しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です