ダイエットで落ちにくい脂肪セルライト

セルライトとは

 
 
セルライトとは、脂肪が脂肪細胞の中でパンパンに肥大し、毛細血管やリンパが絡まり老廃物も蓄積して、固くなった皮膚表面付近の脂肪です。
 
毛細血管やリンパがうまく流れない状態となっているために、部分的に隔離された脂肪となって、ダイエットしても運動してもなかなかとれない厄介者。
 
 
セルライトを握ってみると、下からボコボコした脂肪の塊が見えたり、いつも冷えていたり、堆積が進むと、神経を圧迫して痛みを生じたりします。
 
 
セルライトも脂肪ですので、ダイエットと運動で徐々に溶かしていくことが出来ますが、なにせ流れが悪く、代謝組織から隔離されていますので、非常に落としにくい脂肪です
 
 

セルライトを溶かす方法

 
 
セルライトを溶かす方法には幾つかあり、それらはエステで主に行われています。
 
 
キャビテーション
超音波の機器をセルライトのある場所へ当てて、脂肪細胞膜を破壊する方法。
 
ラジオ波
ラジオ波をセルライトのある場所へあてて、脂肪細胞膜を破壊する方法。
 
セルライト潰しマッサージ
セルライトを手技により潰して、脂肪細胞膜を破壊する方法。
 
 
他にも、吸引とリンパドレナージュなど、セルライト除去に役立つ方法は色々ありますが、どれも固くなった脂肪細胞膜を破壊、柔らかくし、固まった脂肪を外へ流そうという試みです。
 
セルライトはよくあるようにボコボコと固くなくても、ダイエットをしても運動をしてもどうしても落ちにくいところは、内部で古い脂肪のブロックが生じている可能性が高いです。
 
 

一番良いのは予防

 
家庭でできる予防法としては、脂肪はなるべく溜め込まないこと。
お風呂で血行をよくした後に、温めるオイルでマッサージすること
キャビテーションやラジオ波の器具を自宅で購入して試してみるのもいいかもしれません。
 
一度出来てしまったセルライトは、ダイエットで減量しても、そこだけとるのが大変です。
 
エステの施術料金も高額ですので、出来るだけ早期に予防したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です