リバウンド防止期について

痩せた後には欠かせない、リバウンド防止期

 
デュカンダイエットは急速に減量が可能なダイエットです。
しかし、そこであなどれないのが、リバウンド。
 
デュカンダイエットの第3段階リバウンド防止期は、最重要段階も言われています。
なぜなら、この段階を経ないと、ほぼ間違いなくリバウンドするらです。
 
 

リバウンドはなぜ起こるのか?

 
せっかく苦労して10キロ痩せても、またすぐに戻ってしまったら、元も子もありませんよね。
 
リバウンドを防止するには、なぜリバウンドが起こるのかを理解しなくてはなりません。
 
 
脳の中には、「セットポイント」があります。
セットポイントとは、脳が自分の体重を覚えていて、そこに常に戻ろうとする働きです。
 
 
暖房のサーモスタットにたとえてみましょう。
 
もし真冬の室内温度をサーモスタット付きのエアコンで30度に設定したとしましょう。
窓を開け放して気温が下がると、エアコンが稼働して室内を30度にしようとします。
30度は暑すぎるからといって窓を開けても、設定温度を変えない限り、窓を閉めればまた30度に戻るのです。
 
これと同じことが、脳でも起こります。
 
もしあなたがダイエット前に80キロだった場合、頑張って5ヶ月で60キロまで落としたとしても、脳の中のあなたの理想体重はまだ80キロのままです。
 
ダイエットを中断したが否や、脳はすぐに80キロへ戻そうと、あれこれ画策しはじめます。
 
食欲を増したり、高カロリーのものを欲したり、代謝を落としたり、あの手この手を使って、元通りの体重へ戻そうとします。
 
これに抗うことは不可能です。なぜなら、私達の意志の及ばない、自律神経やホルモン分泌の範囲でこの操作が行われるからです。
 
 

リバウンド防止期は一キロ減量に付き10日間

 
リバウンド防止期は一キロ減量に付き10日間必要です。
すなわち、あなたが10キロ痩せたとしたら、100日間は、リバウンド防止期というダイエットを継続しなくてはなりません。
 
この期間は、脳のセットポイントを、新しい体重へ再設定させるのに必要な期間なのです。
 
なので、もう痩せたからダイエットは終わり、リバウンド防止期は長すぎる、などの理由で、勝手にダイエットを中断しないことが大切です。
 
 
このリバウンド防止期を経て、新しい減量後の体重が、あなたの新体重として脳にセットされてはじめて、ダイエットは終了です。
 
その後、第4段階維持期となります。
そこでは、毎日のウォーキングと、オーツ麦のふすま、そして週一日のたんぱく質オンリーの日を設けることにより、自由で健康的な生活を保ちながら、スマートな体型を一生維持することが出来ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です