食べ物と美容の関係

 
 
 

グルテン、乳製品、ワイン、砂糖が美容に及ぼす悪影響

 
 
ケーキやヨーグルト、ワイン…これらはどれも美味しくて、ダイエット中には誘惑になる食べ物ですが、美容に悪影響を与えます。
 
ダイエット前のあなたにはこのような症状はありませんでしたか?
 
 

グルテンとグルテン顔の特徴

 
グルテンは植物性のタンパク質で、主に小麦に含まれています。
 
グルテンは他のタンパク質に比べ、分子構造が大きい為、腸内で消化されにくいばかりか、腸壁を傷つける場合もあり、特に小麦分解酵素の少ない日本人は、グルテンによる健康上の悪影響が起こりやすい食品です。
 
小麦製品、パン、ケーキ、クッキーなどが好きな方は、以下のような症状がないか、確認してみて下さい。
 
1)頬が赤く膨らんだアンパンマン顔
2)顎や口周りの吹き出物
 
頬が赤い赤ら顔で、ふくらんでいる場合、腸が炎症を起こして皮膚の膨張や赤みを生じさせているサインである可能性が高いです。
 
背中や体の皮膚のかゆみも、そのサインです。
 
また、グルテンはホルモンバランスを乱すため、吹き出物が出やすくなります。
 
 

乳製品と乳製品顔の特徴

 
乳製品に含まれる乳糖は腸内で消化されにくい人が多く、以下のような症状があてはまるなら、乳製品を控えてみましょう。
 

1)まぶたの腫れや、目の下のクマやむくみなど目の周囲のトラブル。
2)あごに白ニキビや腫れ物ができやすい。

これは、乳糖アレルギーが体内で炎症反応を引き起こしている可能性があります。

足首を捻挫した時に腫れるような腫れが、目元に出来たり、むくみがより目立つようになります。

また、ミルクに含まれるエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは、生理機能などを助けてくれる役目もありますが、過剰に摂りすぎると、皮膚細胞のトラブルを起こし、毛穴を詰まらせて、吹き出物の原因となってしまいます。

 
また、ヨーグルトはアーユルヴェーダでは陰性の食品として、体液の循環を滞らせると言われています。
 
代謝の悪い女性や、お腹や太ももの水分滞留がとれないという方、乳製品を避けてみるといいかもしれません。
 
 

ワインとワイン顔

 
1)目のたるみや毛穴の広がりが目立つ
2)目と目の間のシワ
3)肌が全体的に乾燥している

4)頬から鼻にかけて肌が赤みを帯びる

アルコールは肌を乾燥させてしまうため、乾燥肌でワインが好きな人は、化粧品に頼る前にまずはワインをやめてみましょう。

また、眉間の状態は、肝臓の健康と関わっているため、眉間が荒れがちの人は肝臓に負担が掛かっている可能性があります。

 
 
 

砂糖と砂糖顔の特徴

 
1)額のシワや目の下のたるみでやつれた印象
2)膿みがちのニキビが顔中に出来る
3)皮膚が薄い
4)顔が黄色を帯びる 

砂糖は皮膚の糖化を促進し、皮膚がたるんだり、薄くなったり、顔が黄色くなったり、内臓の老化も早めます。

まとめ

 
小麦、砂糖、ワインはデュカンダイエットでは排除されていて、乳製品も制限付き食品ですが、一般的にはとても人気のある食品です
 
これらの食品は美味しいからこそ誘惑になりやすいですね。
しかし、ダイエットばかりでなく美容にも悪影響を及ぼします。
 
もしあなたが赤ら顔、ニキビ、しわ、皮膚の乾燥、かゆみ、お腹や太もものたるみに悩んでいたら、デュカンダイエット終了後もこれらの食品の摂取には十分な注意をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です