ダイエット中の運動の強度について

 
デュカンダイエットでマストのウォーキングは、軽い有酸素運動で、ゆっくりとしたヨガやピラティスと同じく、自律神経を整えてくれます。
 
中には激しい運動をされている方もいると思います。
今日は運動の強度についてお伝えしたいと思います。
 
 

ダイエット中の強度の強い運動?

 
糖質制限中に強度の強い運動、例えば、長距離マラソン、激しい筋トレ、短距離走などは行わないほうが良いと言われています。
 
その理由は、二つ。
 

1)糖質制限中の長時間の運動は、カタボリックの原因となる

 
糖質制限中にはエネルギー源となる糖質を制限しているので、エネルギーは脂質と糖新生から主に行われます。
糖新生はタンパク質から行われます。
もし、運動が長時間に渡ると、体内に保管されていたグリコーゲンが枯渇するので、筋肉が分解され(カタボリック)、エネルギー源となってしまいます。
 
デュカンダイエットでは長時間の運動も激しい運動も要求されません。デュカン先生の指定通りの運動をしている限り、カタボリックはおこりません。
 
 
筋トレをする場合は、カタボリックを抑えるために、筋トレ前にBCAA(アミノ酸)やグルタミンを摂取し、筋トレ後もBCAAとプロテインを摂取します。
さらにビタミンとミネラルもとれば、栄養不足に陥ることはありません。
 
いずれにせよ、筋トレにせよ、ランニングにせよ、糖質制限中の運動は、長くても1時間半を超えないことをお勧めします。
 
 

2)激しい運動は自律神経を乱す

 
激しい運動をすると、自律神経が乱れます。心拍数120以上になる運動は、自律神経を乱しダイエットの障害となります。
 
しかし、脂肪が燃焼する有酸素運動はまさしく心拍数120以上にならないといけませんし、ジョギングやダンスをされる方もおられるでしょう。
 
運動のし過ぎはダイエットによくないからといって、普段している運動を我慢するのもストレスになります。
ストレスはコルチゾールを分泌させ、これも太りやすく痩せにくい体をつくります。
 
 

まとめ

 
このように、人間の体は非常に有機的で、沢山の作用が重なって私達の体を外部の影響から守り、一定に保とうとしています。
 
体とダイエットの仕組みをわかった上で、自分自身が心地よい状態を発見しながら、体を徐々に痩せやすい方向に持っていく食事と運動そして休息を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です