理想体重についての考え方

理想体重とは?

今日は、理想体重についてどう考えるか、についてお伝えしたいと思います。

教材をお読みになっておわかりの通り、デュカンダイエットは、肥満を解消するために考案されたダイエットです。
 
肥満により病気になる人は先進国ではますます多くなっており、肥満問題の解決は世界的な課題となっています。
 
日本でもメタボリックシンドロームとして、動脈硬化、心臓病、糖尿病、呼吸器や循環器の病気や障害など、肥満は様々な生活習慣病を発症させる大きな要因となっていることは、周知のとおりです。
 
デュカンダイエットは、肥満解消による健康増進、つまり生活習慣病を予防するための、健康的な体を理想としています。
 
それゆえ、健康な状態よりかなり下の体重が求められるモデルやバレリーナなどの職業の人用にはもともと考えられていません。
 
むしろ、デュカンダイエットは、すでに適正体重に近い人はしなくてよいという考えです。

 
デュカンダイエットで導き出される適正体重は、その人の年齢と性別、自分の今までの体格等を考慮して導き出されるため、考えていたよりも高く出ることが多くあります。
 
 
それは、フランス人を始めとする欧米人はもともと日本人より大柄なことや、十分に健康的であるための体重が想定されているためでもあります。モデルのように美しくなるための理想体重とは、そもそもの目的が違うのです。
 
 

体重は低ければそれでいいのか?

 
ダイエットでまず目安となるのは、体重です。体重が多ければ肥満、体重が少なければスマートと、多くの人は考えています。
 
しかしそうでしょうか。
 
体重が多くても、それが引き締まった筋肉からなっているのであれば、肥満とはいえません。なぜなら、肥満とは、脂肪が増えていて体重が増えている状態だからです。
 
 
反対に、体重は少なくて、見た目は一見痩せていても、体脂肪率の高い人はいます。それが隠れ肥満といわれるものです。
 
 
すなわち、ダイエットで、生活習慣病や、メタボリックシンドロームの危険性がない程度に体脂肪率が落ちているひとは、肥満とはいえないので、それ以上むやみに体重を減らそうとしないほうがよい、というのがデュカンダイエットの基本的考え方です。
 
 
健康的なボディメイクを目指す私達が目指すべきは、筋肉を増やして体重を維持しつつ、体脂肪率を減らすことです。
 
 
すなわち、私達の目標が、健康でありつつ、見た目が引き締まって美しい体を目指すのであれば、それはシンプルなダイエットというより、ボディメイクが課題なのです。
 
すなわち、ある程度痩せたら、闇雲に痩せようとするのは、ナンセンスです。
 
脂肪も落ちるかもしれませんが、筋肉も落ちて、疲れやすく、代謝の低い、ヨボヨボの老体のようになってしまう恐れがあります。
 
 
ですので、筋トレをしながらタンパク質と炭水化物を多めに摂取して増量を計ることは、ボディメイクにとって、痩せることと同様、必要なことなのです。
 
 
もしあなたが、すでに適正体重になっているのに、体が引き締まらない、いまいちカッコよくない、理想体型ではない、と思うなら、このような増量の観点も忘れないようにしなくてはなりません。

 

具体的にどうしたらいいのか?

 
 
デュカンダイエットの7日間サイクルダイエットでは、土日は多めの糖質を摂取することになります。この土日に、しっかりと運動をしましょう。それにより、摂取した糖質が脂肪にならず、筋肉を増やす手助けをしてくれます。
 
 
具体的には、
 
月曜日と火曜日の糖質完全オフの日は、ウォーキングを所定の時間のみする。
 
水曜日・木曜日は、ウォーキングと軽めの筋トレ。
 
金土は、普段ジムに行かない人もジムに行って、翌日筋肉痛になるほどの筋トレも、筋肉をつけるためにオススメです。
 
日曜日は、食べて、かつ休息しましょう。
 
もちろん、普段から運動習慣がある人は、したいと思う限り、運動していただいて構いません。
 
 

筋肉の同化が起こるための炭水化物の摂取方法

 
これはデュカンダイエットとは無関係ですが、筋肉をつける食べ方の参考として下さい。
 
筋肉をつけるには、筋トレ直後にIGの高い糖質、白米のおにぎりとタンパク質を一緒に食べましょう。
 
こうすることにより、筋トレで疲労した筋肉が、回復しようと白米の糖質に助けられ、積極的にタンパク質を筋肉に同化できるのです
 
また、激しい筋トレで疲労した筋肉が回復するには48時間程度かかります。その間にも糖質を適度に摂ってよいのです。
 
デュカンダイエットの7日間サイクルダイエットをしている人が、もし激しい筋トレを週一回するなら、土曜日が理想的でしょう。
 
土曜日には、でんぷん質とタンパク質両方摂取できます。そして、翌日曜日も、自由なので、さらに筋肉に栄養を供給できます。
 
 
反対に気をつけるべきは、準断食に匹敵する月曜日と火曜日に激しい運動をすると、体に栄養供給が追いつかず、疲弊してしまう恐れがありますので、あえてウォーキングで済ませておくことが、体とダイエットの為にいいのです。
 
 

ボディメイクの三大要素は、食事、運動、休息

 
これら3つはどれも大切です。
食事、運動、休息が、正しいバランスで正しいタイミングでなされることが、ボディメイク成功の秘訣です。
 
食べる内容と、運動内容を常にセットで考えて、ストレスを溜め込まず良質の睡眠をたっぷり取ることが、重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です