デュカンダイエットの方法。これは絶対押さえたい基本の基

これは絶対押さえたい、糖質制限の基本の基

 
糖質制限を開始して、まずはじめにとまどうのは、何が食べられて何が食べられないかがよくわからない、というものです。
 
いままでは何に何グラム糖質が入っているかなんて、意識したこともない、ということがほとんどですから、それも無理のないことです。
 
そもそも、なぜ、糖質を食べてはいけないのか?
その理由がわかりますか?
 
 

糖質を避ける理由とは?

 
肥満というのは、消費されなかったカロリーが脂肪となって、体に堆積することから起こります。
この体脂肪は、脂肪を食べることによりできるというより、糖質を食べることにより起こるのです。
 
つまり、糖質を食べないと、脂質は尿となって流れ出て、体脂肪とはなりません。なぜなら、脂肪細胞を構成する細胞膜が糖質から作られているため、その原料となる糖質が体に入ってこないと、使われず余った脂肪は細胞膜によって囲まれることが出来ないために、尿となって流れ出るからです。
 
しかし、糖質をとると、タンパク質も脂肪も、出来るだけ体内に保持されます。
 
すなわち、糖質には同化作用があります。
 
なので、ボディビルダーなどで筋肉をつけたい人は、タンパク質と同時に糖質もしっかり摂ります。
 
また、痩せすぎで困っている人は、脂質と糖質をしっかり摂ります
それによって、食べたものを体に取り込み、体をしっかり大きくすることが出来るのです。
 
このような糖質の特性を考えると、減量したい場合には糖質を制限すること、となります。
 
糖質制限ではカロリー計算がいらないのも、このような生体化学の特質を活かしたためなのです。
 
食べて使われなかったタンパク質と脂質は、糖質が介在しなければ、貯まらずに尿とともに流れ、その仕組みが、糖質制限ダイエットの基本となるものです。
 
 

どうやって糖質を制限するか

 
 
このような理由から、糖質制限ではしっかり意識して糖質を制限しなくてはなりません。
 
うっかりでも、気づかなくても、糖質を口にしていれば、しかも脂質もタンパク質も多めに食べていれば、間違いなく太ります。
 
とりわけ難しいのが、加工食品です。
 
日本は加工食品で溢れており、加工食品を完全に排除するのは至難の業と言ってもいいほど。
 
その中で、間違いなく正しい食品を選ぶためには、後ろの原材料表と成分表を必ず見ることです。
 
例えば、これ。低脂肪カッテージチーズです。デュカンダイエットのお菓子作りに重宝なアイテムです。
 
 
埋め込み画像 1
 
私達が見るべきは、脂質と炭水化物です。
ここには、
脂質4.0g
炭水化物1.5g
 
と書いてありますね?
 
デュカンダイエットで使うことの出来る低脂肪チーズは、脂肪分が0%から5%となっています。このカッテージチーズは脂肪分が4%なので、OKです。
 
糖質の少ない食品の目安としては、100gあたり5g以下の糖質を目安にして下さい。
 
このヨーグルトでは、炭水化物1.5gと記載されていますので、大丈夫です。
 
 

糖質と炭水化物の違い

 
糖質量で私達が見るべきところは、炭水化物の箇所です。
炭水化物は主に糖質と食物繊維からなっています。
 
裏の成分表記では、例えば
 
『100g中
炭水化物 20g
うち
糖質 18g
食物繊維 2g』
 
などと書かれています。
食物繊維は吸収されず排泄される炭水化物なので、糖質に含まれません。
この例では、糖質は18gです。
加工品の糖質は、100g中5g以下のもののみOKと考えましょう。
ですので、この製品は完全アウトです。
購入は諦めましょう。
 
例えば、魚のスリ身は、デュカンダイエットの食べても良い食材の中に含まれています。
 
しかし、成分を確認しましたか?
すり身にも糖質がふんだんに含まれているものがあります。
フランスのすり身と日本のすり身は成分が違うこともありえます。
 
ですので、全ての加工食品は、裏の原材料と食品成分表で確認する
そして加工品の糖質は100g中5グラム以下のもののみ
これを習慣にしましょう。

 
この基準は、スーパー糖質制限の食品選別の基準です。
 
デュカンダイエットはスーパー糖質制限ではなく、お野菜やオーツ麦ふすまから炭水化物を摂取する、低糖質ダイエットです。
 
食品から既に糖質を摂取しますので、加工食品の糖質はスーパー糖質制限と同じ基準でちょうどよいのです。
 
 

ドレッシングやタレ、調味料の糖質

 
販売されている加工品のドレッシング、タレ、粉末の調味料ミックスには、必ずといっていいほど、糖質が含まれています。脂質も含まれているものたくさんあります。
 
これらは、この機会に全廃しましょう。
 
買うのは止めて、自分でタレやドレッシングを作れば、何が入っているか一目瞭然です。
 
 
甘味は、カントやパルスイートを利用しましょう。
 
デュカンダイエットでは人工甘味料は制限されていませんので、パルスイートはOKです。
人工甘味料は不安、という方は、ラカントを使いましょう。
 
たまり醤油、ラカント、お酢、かつおだし、水、天然塩を適宜混ぜれば、あっというまに糖質・脂質フリーのデュカンダイエットドレッシングが出来上がります。
 
それゆえこれからまず家に揃えるのは、ラカントと人工甘味料です
 
ダイエットを開始する前に、糖質を含むドレッシング、タレ、調味料をはじめ、誘惑になる砂糖や小麦のお菓子は処分、お砂糖の入ったチョコレート、ヨーグルトやプリンも思い切って処分してしまいましょう!
 
余っているものは家族に食べてもらって、これからはなるべく買わずに、自分で作るのが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です