ダイエットでお酒とアルコールはどうしたらいい?

ダイエット中のお酒とアルコールの取扱方

低カロリーダイエットではダイエットにはお酒は禁物!と言われていますよね。

その理由は、お酒はカロリーが高いから。お酒を飲むと高カロリーを摂取するので太る、というわけです。

その反対に、糖質制限ダイエットでは、糖質の入っていないお酒ならオッケーとされていて、赤ワインや焼酎は毎日飲んでるというダイエッターもいるほど。

それでは、デュカンダイエットではアルコールは一体どんな扱いがされているのでしょうか?

 

デュカンダイエットでのアルコールは?

デュカンダイエットは、糖質制限と低カロリーダイエットの両方の性質を持ち合わせるダイエットです。

なので、基本的に、お酒は飲まないことになっています。赤ワインも焼酎も飲みません。

しかし、もし飲んでしまったらどうするか?もし飲み会があったらどうするか?

そんな疑問は生じます。

このような問題はデュカンダイエット発祥の地フランスでも当然あります。特にフランスはワインが美味しく、ワインはお茶代わりのようなもの。

【デュカン先生は、ある肥満の政治家を指導したときに、彼がどうしても食事中にワインを飲まないわけにはいかない、どうしたらいいか、と相談してきたため、ワイン一杯で20分のウォーキングを追加するなら、いくらでも飲んで良い、と指導したそうです。

 彼は嬉々として好きなだけワインを飲み、それを帳消しにする為のウォーキングをはじめ、更には日常的なランニングも生活に取り込み、見事にワインを好きなだけ飲みながら減量に成功したということです。

 有名人の彼のスレンダーな体をテレビで見るたびに、誇らしい気分になるとのこと。ストイックすぎる必要もないデュカンダイエットの素敵なエピソードですね。(『デュカンダイエットのすべて』71頁)】

ということで、デュカンダイエットでは

1)原則お酒は飲まない

2)飲むとすれば、赤ワインやシャンパン、焼酎といった、糖質の少ないお酒にする

3)さらに、一杯飲むごとに20分のウォーキングをする

ということです。

『デュカンダイエットのすべて』より抜粋

我慢してばかりでは続かないので、お酒は長所と短所を理解して、適度に楽しみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です