夏の海バカンスはナイスバディのもとテストステロンの製造所!

海でビキニ!バカンスのボディメイク効果

ファッション雑誌の海外セレブでなくても、イタリアをはじめとするヨーロッパ各国の人々は一般人も夏になるとこぞって海へ出かけます。その理由は、バカンスだから、開放的だから、自由だから、楽しいから、様々ですが、海へ行くことが健康上の理由となるのが、北ヨーロッパの人々。

北ヨーロッパは太陽が少なく、ビタミンD不足から佝僂病になったり、アルプスの山岳地帯ではヨード不足になったりすることから、年に一度の健康維持期間としても、海バカンスは伝統的に重要な役割を果たしてきました。

さて、そんな海バカンスですが、ナイスバディを作るのに、もっともな理由があるのです。既にナイスバディだから、ビキニを着るわけではないのです(!)。それが証拠に、海岸へ行ってみると、肥満の人のビキニ姿がたっくさん!

魅せる以外にビキニを着るその理由は?

日光のボディメイク効果とは?

日本では敵視されている日焼けですが、ヨーロッパでは日焼けは一種のステイタスシンボル。そして、ビキニにはそれ以外の隠された健康効果もあるのです。それは、テストステロンの合成。

男性ホルモンとして有名なテストステロンですが、女性にも微量分泌されています。テストステロンは脂肪を燃焼し、メリハリボディを作り、考え方をポジティブにする、うつ病改善などの効果を発揮する男女ともに大切なホルモンです。

このテストステロン合成に必要なのは、亜鉛ビタミンD十分な睡眠。亜鉛は貝類に豊富に含まれており、またビタミンDは皮膚が太陽に当たることにより合成されるのです。そして、バカンスではたっぷり眠れますよね。

海バカンスは、まさにテストステロン合成の3大要素を完璧に満たした期間なのです。

 

 

海バカンス=魚介類+日光(亜鉛+ビタミンD)+休息=テストステロン分泌によるボディメイク効果!

このように、海バカンスではテストステロンを沢山合成できる環境がバッチリ揃っています。

日焼けがステイタスシンボルのヨーロッパでは老若男女、太ってようが痩せてようが、皆がこぞって露出の高い水着を着るのも、開放感のアピール以上に、できるだけ今の時期に多くの皮膚面積を太陽に当てて、沢山の健康物質を体内合成したい、という気持ちがあるのですね。

そして食事は亜鉛を豊富に含む海の幸。たっぷり泳いでリラックスして沢山寝ることによって、本当にボディメイク効果は現れます。

一週間も砂浜やヨットの上で過ごせば、ぶよぶよしていたお腹の肉は驚くほどスッキリとしてきます。イタリアでは『太陽は皮膚を乾かす』と言われ、海バカンスに行くと体が絞れるのです。

それも、夏の海バカンスの環境が、テストステロン合成を積極的に促し、ダイエットとボディメイク効果にプラスに働き、気分を改善し、健康を増進するから。

 

日焼けはどうしてもしたくない、日本の海は暑くて苦手、という場合は、ビタミンDを豊富に含む食べ物と亜鉛を豊富に含む食べ物を食べて、沢山寝ること。

 

ボディメイクフィットネスの研究では、十分な休息には8時間から12時間(!)寝ることが良いとされていますので、最低でも8時間は良質の睡眠をとりたいもの。

海バカンスへ行かなくても、海に囲まれた日本ではすでにボディメイクに有利な食材が豊富。日光も敵視せず、ボディメイク効果を実感しながら夏も過ごしたいですね!

ビタミンDを豊富に含む食べ物 

あんこうの肝、しらす干し、いわし、身欠きにしん、すじこ、いくら、かわはぎ、サケ、スモークサーモン、さんま、うなぎ、ひらめ等。 

亜鉛を豊富に含む食べ物 

牡蠣、ほや、レバー、牛肉、カニ等、貝類、甲殻類、牛肉の類。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 停滞期を破るためにはどうしたらいいのか?なにをしても全く体重が落ちない…ダイ…
  2. デュカンダイエットで痩せない?その原因とは?世界中で1300万人以上が効果を上げ…
  3. デュカンダイエットに関する著作を執筆中ここ数日ブログの更新が少し遅く…
  4. 今日から私もデュカンダイエットをはじめました!こんにちは❤♪ 当ブログ管理人…
  5. デュカンダイエットの第二段階の方法第一段階、導入期のプロテインオンリーの期間…
  6. デュカンダイエットの開始。その第一段階とは?さて、それではいよいよデュカンダ…
PAGE TOP